フレキソ・プリント【プリンテッド・エレクトロニクス】<基板/回路/電子/機器/RFID/電池/銀ナノ粒子/プリンタブル/フレキソ印刷/特殊/試作/京都>

フレキソ印刷に関するお問い合わせ・お見積もりはこちら

プリンテッド・エレクトロニクス(プリンタブル・エレクトロニクス)

弊社では、プリンテッド・エレクトロニクス(プリンタブル・エレクトロニクス)の関連商品の製作を実施しています。

試作および量産対応致します。

銀ナノインク印刷用版

銀ナノ粒子インク印刷用版

銀ナノインク印刷物

銀ナノ粒子インク印刷物

アンテナ
アンテナ
アンテナ
アンテナ

プリンテッド・エレクトロニクス アンテナ

【動画】プリンテッド・エレクトロニクス 電気回路を印刷し通電する様子

プリンテッド・エレクトロニクスの特徴

  • (1)電気回路を特殊印刷で製作します
  • (2)インクは銀ナノ粒子インクまたは特殊導電性インクを使用します
  • (3)紙またはフイルム(制限があります)への印刷が可能です

従来は、蒸着またはエッチングにて製作していた電気回路を、プリンテッド・エレクトロニクスでは印刷にて製作します。
製作にかかる時間と手間を削減することができます。小ロットの試作から大量生産まで対応可能です。

プリンテッド・エレクトロニクスの用途

  • (1)RFID(ICタグ)の製作
  • (2)フレキシブル基板の製作
  • (3)電池の製作
  • (4)圧電素子の製作
  • (5)その他

プリンテッド・エレクトロニクスに使用する媒体

  • (1)紙、連量:127.9~209.3(g/m2)(四六判換算:110~180<kg>)
  • (2)フイルム:#50~100(μm)
  • (3)その他

弊社では、上記2種類の媒体を準備しています。お客様の希望にて使い分けしています。

プリンテッド・エレクトロニクスに使用するインク

  • (1)銀ナノ粒子インク
  • (2)特殊導電性インク

銀ナノ粒子インクは、とても高価ですが、抵抗値が小さく、電気伝導性に優れています。ただ、銀ナノ粒子インクは、印刷後に『熱(100〜180℃)』または『強烈な光』を照射して『焼結』させる必要があります。焼結させることによって優れた電気伝導性を確保することができます。

特殊導電性インクは、銀ナノ粒子インクと比較すると、抵抗値が大きく電気伝導性に劣りますが、銀ナノ粒子インクと比較すると安価でコスト面で有利です。

どちらの導電性インクを使用するかは、製作する品物に必要とされる電気伝導性と目標とする製造コストにより決定しています。

プリンテッド・エレクトロニクスの製造

弊社では、フレキソ印刷方式という無公害印刷方式にて、プリンテッド・エレクトロニクスを実施しております。

問い合わせ、技術相談、見積依頼などは下記連絡先の担当『小池(こいけ)』までお願いします。出張などで不在の場合があり、電子メールやFAXでの問い合わせに対して、すぐに返事ができない場合がありますが、どうぞご容赦ください。お急ぎの場合には、電話にてお問い合わせください。

製品に関する お問い合わせ・お見積もりはこちら

■ フレキソ印刷実績紹介一覧 ■

ページ
トップ

お問い
合わせ